【迷ったら読本】人生の未練について1選

迷ったら読本

60歳になると、これからどのような人生を送ればよいのか・・・悩みを持つ人が多いです。

ご紹介する本は、定年後の生活とういよりも、老いることの悲しさ、虚しさ、儚さを

切々と訴えてきて、その先にある人生の最期にも踏み込んだ教本です。

老いて我儘気儘の自然体、だれにもでいつかはおとずれる終幕へ向けて、読んでおきたい本です。

生への未練

■定年で男は終わりなのか

【オススメ度】★★★★

【あらすじ】
定年退職後の男性の生き方について論じた書籍です。定年を迎えると、仕事というアイデンティティを失い、社会的地位や自己価値が揺らぐ男性が多いことを指摘します。しかし、著者はこれを人生の終わりと捉えるのではなく、新たな可能性や挑戦を見つける好機とするべきだと主張します。定年後の生活を充実させるためには、自分自身の価値や目標を再発見し、新たな道を歩むことの重要性を強調しています。

【ひとこと】
本文中に、他の定年後の本とくらべて、老後と死についての語りが多くあります。決して避けることができない話題でも、遠慮がちに控えめに話す本と一線を画しています。
あえて今、読みたい本です。

created by Rinker
¥723 (2024/06/22 03:32:28時点 楽天市場調べ-詳細)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村