【迷ったら読本】シニアの生き方1選(オススメ)

迷ったら読本

60歳になると、環境面と自分の気持ちに今までなかった感情が生まれてきます。

特に、それまで会社に勤めていたサラリーマンはどん底に突き落とされた感じを覚えます。

  • 会社にいっても相手にされない。
  • これからの人生何を目標にすればよいのか迷う。
  • 何に対してもやる気がおきない。。。

そんなとき、読んでみたい本です。

高齢と向き合い今日を生きる

■恰好いい老い方、みっともない老い方

【オススメ度】★★★★★

【あらすじ】
老いを迎えるにあたっての心構えと行動について述べたエッセイです。著者は、恰好よく老いるためには自己成長を続け、好奇心を持ち続けることが大切であると強調します。また、他者との関係を大切にし、感謝の気持ちを忘れないことが重要だと説きます。逆に、無関心や頑固な態度、他人に依存する姿勢は、みっともない老い方につながると警告しています。この本は、人生の後半を豊かに過ごすためのヒントを提供します。

【ひとこと】
本文中に「老後は、若きときより、月日の早き事、十倍なれば、一日を十日とし、十日を百日とし、一月を一年とし、喜楽して、あだに日を暮らすべからず」という言葉があります。
定年を憂い、落ち込んでいる時間はないのかもしれません。
徹底的に遊んで、好きなようにお金を使えと説く著者の言葉は、脳に刺激を与えます。

超オススメなので、1選にしぼりました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村